設備・仕様EQUIPMENT

ECOLOGY

火災のリスク低減のため、
火を使わない次世代オール電化を採用。

これからの暮らしのために、誰もが心地よく、安全なエネルギーライフを実現しました。

エコロジー&エコノミーな生活スタイルを重視した「サンレジア姪浜駅前」では、 給湯、暖房、調理など暮らしのエネルギーをすべて電気でまかなう次世代型オール電化システムを採用しました。高い熱効率を実現したIHクッキングヒーターとエコキュートにより、光熱費の削減とともに、 地球温暖化の原因とされるCO2の排出量も低減。環境にやさしい省エネ性能と人にやさしい快適性を両立した暮らしをお届けします。

火を使わない安心感とハイパワーを両立し、
空気も汚さない

IHクッキングヒーター

IHクッキング
ヒーター

キッチンには、熱効率の良さと高い安全性を備えたIHクッキングヒーターを採用。ハイパワーでありながら、火を使わないので安心。燃焼による二酸化炭素の発生もなく、空気をクリーンに保ちます。

空気の熱を利用してお湯を沸かす、
経済的な給湯システム

エコキュート

エコキュート

空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を利用してお湯を沸かすのがエコキュートです。給湯に必要なエネルギーの消費量を削減できるとともに、従来の燃焼式給湯器に比べてCO2排出量も大幅にカットします。

オール電化住宅は災害復旧も早く、電気は信頼性の高いエネルギーです。

オール電化と言えば「経済性」「安全性」「エコロジー」などの特長がまず思い浮かびますが、災害時に断絶されたライフライン(電気・ガス・水道)の復旧が早いのも特長です。電気の場合、約1週間程度で復旧します。断水時はエコキュートに貯水された水を生活用水として 下部の非常用取水栓にホースをつなげば、タンク内のお湯や水が使えます。

【モデルケース:4人家族の場合】
<電気・ガス併用>給湯:高効率ガス給湯器(エコジョーズ)、キッチン:ガスコンロ
<オール電化>給湯:エコキュート、 キッチン:IHクッキングヒーター
※一般電灯の使用量:420kWh/月、給湯負荷:18GJ/年の月平均、調理負荷:2GJ/年の月平均
※光熱費のみの比較であり、初期費用及び機器本体の買替費用は別途必要となります。

<試算条件>
電気・ガス併用:電気]九州電力「従量電灯B」料金(2016年10月1日実施)40A・使用量420kWh/月、口座振替割引(▲54円/月)を含みます。[ガス]西部ガス「家庭用高効率給湯器契約45MJ地区」料金(2017年4月1日実施)料金表C、使用量41m³/月(給湯35m³、調理6m³)
オール電化:電化でナイト・セレクト、電気6kW・使用量610kWh/月(昼間:305kWh、夜間:305kWh)

  • (注1)電気は、燃料費調整額は含まず、消費税等相当額および再エネ賦課金(2018年度:2.90円/kWh)を含みます。
  • (注2)ガスは、原料費調整額は含まず、消費税等相当額を含みます。この内容は、あくまでも試算条件に基づいたものであり、実際の光熱費は、地域・機器効率・使用状況等によって異なります。

SECURITY

「スマートコントロールキー」を搭載した玄関ドア

リモコンキーを身につけて、ワンタッチで施解錠できるスマートキーを採用。荷物で手がふさがっている時や、お子さまをだっこした状態でも、簡単に施解錠出来る便利なスマートキーです。また、誤作動対策やピッキング対策としてリロック機能、ガラス破り対策として電動防犯サムターン、リモコンキーの電波を固定コードと可変コードを組み合わせたハイブリッド電波システムなど防犯性にも富んでいます。


独立性を保った、ほどよいコミュニティ&プライバシーを守り、ライフスタイルを大切にする。

マンションやアパートでは隣接する住戸や上下階との関係に気を使い、周りの音も気になります。でも、子どもがいればのびのび育てたいし、プライバシーも守りたい。自分のライフスタイルを大切にしたい人にとって、住まいの独立性は重要な問題です。タウンハウスは戸建のように完全に独立していません。しかし、それぞれの専用玄関があり、上下階が専有の居住スペースであるなど、戸建感覚で住むことができる特長があります。また、将来の共用部分の修繕(屋根や外壁等)を共同で行う為、お互いのライフスタイルを尊重しながらも、無関心とは違う「ほどよい距離感」といったタウンハウスならではのメリットもあります。自分達の資産を自分達で守るため、住人同士のコミュニケーションが育まれる温かい住まい。そんな可能性を秘めたタウンハウスが「サンレジア姪浜駅前」です。